千石たまご荘まもなく2周年

千石たまご荘まもなく2周年

管理人のアユミです。2017年春に始まったたまご荘、まもなく2周年を迎えようとしています。
ブログで、たまご荘がどうやって始まったか、どんなことをしているのか、など、書いていくぞ!と意気込んでおりましたが・・・

・・・・・・・ハゥ!!!!

2 years have gone with the wind・・・・・・!!!

そして、今、次の年度に向けてパワーアップすべく、準備中です。

2019年度は、たまご荘のシェアハウスライフを丁寧に(じゃなくてもいいいや、とにかく頻度上げて)発信していくことをがんばろうと思います。

まずは目次だけ書きました。

さあ、2年分まず書いていきますよ〜!
(気分はまるで8月31日!)

<千石たまご荘ものがたり>

・緑の男、かわいいビルに出会う。
・緑の男、まちのまほうつかいに相談する。
・まちのまほうつかい、仲間を召還する。
・仲間たちの夢はふくらむ。酒場、劇場、音楽ホール、シェアキッチン、<文京子育て大学>・・・
・仲間たち、お金がないことに気づく。
・緑の男、投げ出す。そして真夜中のデニーズ会議。
・「どうせ保育園落ちるんだから!」立ち上がったお嬢。
・子連れで来れるシェアオフィス始動!
・ゆっくり、いそげ
・「保育園、受かっちゃった・・・」
・リーダーは無職のおばさん?
・とりあえず、「千石たまご荘」誕生。みんなで夢のたまごを孵すのだ。(5月21日)
・おばさんはイベント好きだった。「任せろ!」
・まちのせんせい、たまご育てサロン
・「私の名刺を作ってください」天使、あらわる。
・たまたま来ました、たまねぎ村。千石三十人劇場!
・緑の男、双子のお母さんをグリーン号でエスコートする。
・「たまご荘はいつも閉まってる!」クレイジー妊婦、吠える。
・「8月は、オレ、いません」窓の穴と、緑の男の夏休み
・おばさん、イベント疲れする。「私だってお金がほしいわ」
・おばさん、修行の旅へ。「月3万円でいいから稼ぎたいわ」
・緑の男、誰もいないたまご荘で生中継を始める。
・劇団たまご座、草加小学校に現る。
・20年後の劇団玄米
・お嬢のお父さん、天国へ・・・。
・不思議な、素敵なひとたちのつながりっぷりが続々と。
・お嬢、倒れる。
・来春から、家賃は相場並みに。でも現在の口座残高は・・・。
・我楽田工房さんと神田川アートブロッサム
・#5才児のひらがな
・Happy Birthday, The Greatest Showman
・魚留さんのバザー
・鶴岡ナリワイプロジェクト
・夢のたまご計画、始動。
・生活クラブマルシェ@まことや
・「オレ、休む」
・ニュー井戸端展〜ご近所のまち開きスポットを探せ!〜
・いざ、乗鞍!
・ツキノワグマと初めての講演会
・『地域のおばちゃん』と百マス計算
・ Co-working
・オレのお年玉を全部あげる
・「冒険に出かけたと思って」。
・たまご荘映画第1弾、水曜日の少女たちの卒業
・「明日もたまご荘、やってる?!」







%d人のブロガーが「いいね」をつけました。